SSLを使うメリットはこんなにある!

クレジットカードは非常に便利な決済手段です。
銀行口座にお金を入れておけば使えるデビットカードと違い、仮に銀行口座にお金がなくなってしまっていたとしても一時的に立て替えておいてもらい給料日に一気に振り込まれてしまえば支払日に間に合うからです。
インターネットで使うときには、カードに書いてある番号を入力して名義人の名前を入力するだけです。
暗証番号や本人確認も不要です。
しかし裏を返すと、「番号を盗まれたら誰にでも使われてしまう」危険性をはらんでいると言うことです。
そう考えるととても恐ろしいことですよね。簡単に第三者に相性番号を知られてしまう可能性があるということですから。
この危険性に対応したのが「SSL」です。
SSLは盗まれては困るクレジットカード情報から、住所や氏名など様々な大切な情報を暗号化してくれる技術です。
SSLを使うことによって3つのメリットがあります。
1つ目は傍受されないことです。
もしも盗聴ソフトが仕掛けられていても見られることはありません。
2つ目は盗まれても解読が不能と言うことです。
暗号化された情報は鍵がなければ解読することができません。
当然当事者間にしかわかりませんから解読しようがないのです。
3つ目は相手の素性がわかると言うことです。
SSLを使うときには、どこの誰が使うかを登録しているため誰が使っているのかがすぐにわかるのです。
SSLを使ったサイトならば、個人情報を必要な人にだけ伝えることができます。
物を購入するときや、相談内容を送りたいときには対応しているかを確認しておきましょう。
SSLがあればインターネット上の情報交換も安心して行うことができますね。

関連する記事